ガーデニングの話

園芸用品

50円玉硬貨の植物

キク科キク属、それが50円玉硬貨に描かれているあの植物のことです。日本でもお彼岸の際に仏様に供えたりします。ガーデニングでキクの育て方ですが、ポイントがいくつかあります。1.日当たり日光の光を好むので、日当たりの良い場所で一日9時間は日光に当たるようにしましょう。日が短くなってくると花が咲きます。2.種まき種が小さいので注意深く蒔くようにしましょう。発芽するまでは水を絶やさないように極力しっかりあげます。種から育てるのが大変だと言う人は、苗で購入しましょう。徒長したものではない丈夫な茎のものを選んでください。3.水やり茎が出てきたら水やりも慎重にしてください。水をあげすぎると根腐れを起こしてしまいます。土の表面が濡れている間は水やりを避け、表面が乾いたら水をあげてください。夏のように乾燥しやすい場合は朝夕2回、冬はあげても1回にしましょう。4.病害虫に関してはアブラムシやハダニがつくということに注意してください。薬剤散布や木酢液などで対処できます。病気は梅雨時期に多いとされる黒斑病などがあり、主にカビに関連した病気にかかりやすいです。5.肥料育て方については人によって違いはありますが肥料に関しては、キクはたくさん使うと言われています。あげ過ぎも良くないですが、リン系の乾燥肥料を月一回程度土に撒くのが一般的とされています。6.摘心や摘蕾大きい花を咲かせたい場合は、蕾を少し摘んで咲く花の量を調整すると栄養が行き渡るようになるので大きい花が咲きやすくなります。これを摘蕾と言います。逆に多くの花を咲かせたい場合は、成長している芽の先端の芽を摘み取ることにより脇芽が出てくるので、その分多くの花が咲くようになります。これを摘心と言います。摘心と摘蕾は育て方に合わせて行なってください。人により違いはありますがこれが一般的な育て方です。

人気記事

園芸用品

庭木の悩みごと

庭木の伐採は、自分でできるものとそうでないものがあります。切り株や根っこの掘り起こし、枝や幹の処分なども木の大きさによっては重労働になることがあります。素人では怪我の危険性もあるので専門業者に任せることも考えましょう。

エクステリア

庭の手入れの方法

ガーデニングをするには、花の相性などを考えて行ないたいです。もしも大阪の自宅が荒れ放題なら、専門の業者を呼んで手入れをして貰えば良いですし、ガーデニングのアドバイスをもらいましょう。ただ、そのためには必ず実際に庭を見て、見積もりをしてもらうと良いです。

花

特徴あるお店が豊富

大阪などにはさまざまなガーデニングショップがあります。初心者でも楽しめる草花やハーブなども充実しています。また、おしゃれでかわいいグッズを販売している店舗も増加傾向です。このため、ガーデニング人気は高まる一方です。